アーカイブ

2016年2月 のアーカイブ

2016年2月29日 月曜日 “遺品整理士の資格を持っていても要注意! 遺品の整理回収・処分には、「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です!”③

正しい手順を把握して遺品と処分品とを分けることが重要

 

横須賀で高齢者として住んでいる場合、こうした遺品とごみとの区別は難しいことです。とくに、横須賀に一人で住んでいる場合は、誰に相談をしたら良いか迷うはずです。

横須賀にはこうした悩みを抱えている人が少なくないはずです。

最も重要なことは、正しい手順をしっかり把握して遺品とごみとを分けることです。

横須賀ではこうした悩みを抱えている高齢者などが多いはずです。まずは、自分で遺品かごみかの判断を行わないで、横須賀から遠いところに住んでいたとしても遺族などを横須賀によんで、多くの人と遺品とごみとを分ける作業を行うようにしましょう。

もし、判断が付かない場合に遺品整理士に依頼を行い、さらにごみであれば正しい手順に従って一般廃棄物収集運搬業の許可を持っている業者へ廃棄依頼を行いましょう。

2016年2月25日 木曜日 “遺品整理士の資格を持っていても要注意! 遺品の整理回収・処分には、「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です!”②

遺品整理と廃物の処理は別に考えることが重要

 

横須賀において遺品整理を考えている場合、同時にごみとなる廃物のことも考慮しておきましょう。

しかし、あくまでも遺品整理とごみは別々で考えておく必要があります。

まずは、横須賀で遺品整理士の資格を取得している業者を見つけておきましょう。横須賀でもこうした業者はありますので、インターネットなど探すことをお勧めします。

そして、遺品整理士が遺品としては残すことができないようなごみについては、別に一般廃棄物収集運搬業へごみの廃棄依頼を行うことにします。

ごみの一般廃棄物収集運搬業についても、横須賀で探すことができます。横須賀であれば、多くのごみの一般廃棄物収集運搬業が検索で探せるはずです。

こうした遺品以外のごみについては、物によっては廃棄物として処分代金が発生することもありますので、適切に処分するようにしましょう。

2016年2月22日 月曜日 “遺品整理士の資格を持っていても要注意! 遺品の整理回収・処分には、「一般廃棄物収集運搬業の許可」が必要です!”①

遺品整理士を行う場合は慎重に検討することが重要

 

横須賀でごみと遺品整理を行いたいと考えている人はいますか。

横須賀でも遺品整理は、基本的には家族などの遺族間で行われることが一般的でした。

しかし、横須賀でも最近では遺品整理士に依頼を行い、その遺品整理を代行して行っているという現状があります。

簡単に遺品整理と言ってその方法はさまざまで、取り扱いを誤れば複雑な問題に発展することもあります。遺品かごみか分からず遺品整理の正しい知識を身に付けていない場合は、やはりプロの遺品整理士にお願いすることが良いでしょう。

しかし、横須賀で遺品整理士に依頼をするときには簡単に決めるのではなく、しっかり遺族間で検討を行う必要があります。信頼できる遺品整理士でも、遺品と一般的なごみとの区別は付けてくれません。

つまり、遺品整理士に全てを依頼するのではなく、ごみなどは廃棄物業者へも同時に依頼を検討することが重要です。

2016年2月18日 木曜日 先延ばしにしてしますう遺品整理…解決のポイントは“要る物・要らない物”そして、“保留”の3つに分けること③

モノが捨てられなくてもデジタル化すれば不用品として処分することが可能

 

横須賀の家で遺品整理をする際に、写真や思い出の品々はごみに出せないと悩んでしまう方がいます。

しかし今はデジタルの時代です。

 

横須賀の自宅の遺品整理のついでに写真はデジカメで撮ってパソコンに入れておけば捨てても大丈夫ですし、音楽CDや本などもパソコンなどに取り入れておけばごみ扱いにすることができます。

 

このように横須賀で遺品整理をする時に全てデジタル化すればほとんどごみになりますし、物を最小限に抑えることができるのです。

 

このようにして、ありとあらゆる情報グッズをデジタル化すれば、ごみとして回収してもらえる品の数を増やすことができます。

 

また自分の手に負えない植物や動物は遺品整理の時に新たに世話をしてくれる人を探しておくとよいでしょう。

 

横須賀であれば人口も多いですし、新しく育ててくれる人が見つかる可能性が高いといえます。

 

ごみを減らし、遺品整理で身軽になって、毎日を心静かに横須賀で暮らすことが人生を楽しく生きる秘訣なのです。

2016年2月15日 月曜日 先延ばしにしてしますう遺品整理…解決のポイントは“要る物・要らない物”そして、“保留”の3つに分けること②

遺品整理で業者を選ぶ時のポイント

 

横須賀には遺品整理を専門とする業者が多く、電話一本でごみの回収を頼むことができます。横須賀市の業者であれば、遺品整理のお仕事で当社(有限会社山西)も長年の実績があります。横須賀の遺品整理・ごみ回収サービスをしてくれる業者を選ぶ時のコツがいくつかあります。

 

まず一つ目は見積もりをとってもらうことです。ごみや遺品整理の手伝いにかかる費用の概算を出しておくことで安心することができます。またスピードも大切です。仕事のスピードが速い横須賀の業者は対応も良い傾向があり信用に値すると言えるでしょう。

 

また遺品整理サービスにはごみの処分以外にお墓や葬式の手続きなど遺品整理をお手伝いしてくれる横須賀の業者もあります。こういった業者に全てを託せば負担を少なく済ませることもできます。

 

遺品整理を後回しにしてしまうと、だんだん億劫になり、ごみの片付けが大変になってしまうので、早めに横須賀の自宅にあるごみを捨てておいたりして遺品整理を少しでも進めておくと後で楽になります。

2016年2月11日 木曜日 先延ばしにしてしますう遺品整理…解決のポイントは“要る物・要らない物”そして、“保留”の3つに分けること①

横須賀市に住む高齢者にピッタリな遺品整理サービス

 

横須賀市の65歳以上の人口はいまや25%以上に上っています。横須賀の自宅で歳をとって病気がちなったり、身体の具合が悪くなってくると意識しなければならないのはごみを捨てる遺品整理です。人生はいつか終わりますし、自分がいなくなってから残される家族の負担を少しでも減らすために、横須賀の家のごみを処分したりして遺品整理を行うことが肝要です。遺品整理にはお墓の場所について指定したエンディングノートをチェックしたり不用品を捨てる作業をさしますが、中でも大事なのは財産や身の回り品のごみを減らすことです。片付けるという作業は意外に骨が折れるものですし、いざやろうとすると、ごみなのか必要なモノなのかの判断がつきにくいのです。横須賀には多くの遺品整理サービスを行う会社があるので、遺品整理をすると決めたら一括でごみ処分の依頼すると良いでしょう。

2016年2月8日 月曜日 エンディングノートとは何か?エンディングノートの書き方大公開!③

遺品整理や生前整理について理解することが大切

エンディングノートは、頻繁に作成するものではないため、どのように作成すればよいか分からない人が多いです。横須賀市で遺品整理や生前整理を考えている場合、早めにサポートを受けることが望ましいです。遺品整理や生前整理について、流れをきちんと理解することができれば、エンディングノートの作成もスムーズになります。エンディングノートには、自分が望んでいることを記載していくわけですが、やみくもに記載してしまうと、残された遺族がどのように遺品整理をすればよいか分かりにくいです。遺品整理を確実に行うことができるように、明確な記載を心がけていきます。横須賀市では、遺品整理や生前整理の専門家がしっかりとサポートします。必要なもの、不要なものを明確に決めるのが、遺品整理や生前整理を行う場合のポイントです。

2016年2月5日 金曜日 エンディングノートとは何か?エンディングノートの書き方大公開!②

正しいエンディングノートの作成方法を理解する

横須賀市では、遺品整理や生前整理をしたい人が、安心して作業を進めることができるように、しっかりとしたサポート体制を整えている施設があります。横須賀市に住んでいる人は、終活に興味を持つようになった段階で、早めにエンディングノートの作成を進めていくことが大切です。遺品整理という作業は、思っている以上に大変な作業になるものなので、エンディングノートに遺品整理に関する記述が明確に出ていることが望ましいです。また、遺品整理をしやすくするために、生前整理にも力を入れるようにしていきます。生前整理をきちんと行うためには、それなりの知識を身につける必要があるため、早めに着手することが大切なのです。横須賀市では、遺品整理についても生前整理についても、適切な作業を進めることが容易になっています。

2016年2月3日 水曜日 エンディングノートとは何か?エンディングノートの書き方大公開!①

エンディングノートをしっかりと作成しておく

近年では、自分が亡くなった時に備えた活動を行う人が増えてきました。横須賀市でも、遺品整理や生前整理に関する知識を身につけておこうとする人が多いです。このような活動のことは、終活と呼ばれていて、横須賀市では終活をサポートする取り組みも行われています。終活を行うに当たっては、自分が亡くなった後に希望することを記しておくノート、いわゆるエンディングノートを作成しておくことが大切です。残された遺族が、遺品整理をスムーズに行うことができるように、エンディングノートに遺品整理に関する記述などをしたりするのです。エンディングノートには、遺品整理などについて分かりやすく記載することが求められます。本人が亡くなった後に確認するものなので、疑問点が出てきても確認することが不可能になってしまうためです。

2016年2月1日 月曜日 横須賀の遺品整理会社 山西が選ばれる理由③

遺品整理会社として資格を持っており、信用が高いのも理由

山西は遺品整理会社として優良事業所に認定されている会社であり、遺品整理士の資格を持っている人もいます。これだけでも一般の人から見ると信用に足りる面となっていますが、遺品整理に関して業務内容や値段についての説明もきちんとしてくれるのも安心出来るところです。又、単に遠いから代わりにやって欲しいなどの理由でも大丈夫でそもそも何から手を付けていいのか分からない時でも安心のサービスです。横須賀市に住む人からは再度利用したいとの声も寄せられているので、対応と丁寧さは期待して問題ありません。更には一度依頼した人が対応やマナーが良かったために二回目の依頼をする事も珍しくないので、新規の顧客でもまるで問題ありません。利用した人が直接書いたアンケートなども公式サイトで公開されているので、遺品整理や生前整理に関して更に安心感が高まるのは間違いありません。

個人向けサービス
無料 お見積り受付中
Tel 046-825-5235 受付時間:8:00~18:00 土曜日受付可お問い合わせフォームはこちらお得な特典プレゼント特典プレゼントはこちら
2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  
アーカイブ
カテゴリー
RSS
page top